パソコン用の画像            スマートフォン用の画像


当社では、ISMS、及びプライバシーマークの認定を取得しており、情報セキュリティへの取り組みの一環として、
パートナー様に対しても情報セキュリティ教育を実施させていただいております。

情報セキュリティガイド(PDFファイル)をダウンロードし内容を確認の上、以下の問いにお答えください。

【情報セキュリティガイド ダウンロード】





【問1】 情報資産に含まれるものすべてを選択してください。

① 開発に使用するソフトの手順書② 人そのもの③ 作業用PC端末④ ルーター

【問2】 個人情報流出によって想定される企業への影響をすべて選択してください

① 法令などの罰則を受ける② 社員のモチベーション低下③ 顧客への損害賠償④ 情報セキュリティ費用の軽減

【問3】情報セキュリティマネジメントを構築するにあたり対策と得られる効果として誤っているものはどれか

① 情報資産の保護② 社会的信頼の確立③ 緊急対応の準備と被害の最小化④社員の技術スキルの向上

【問4】 情報漏えい時における企業の責任について正しいものを1つ選択してください

① 社員の不注意により情報漏えいした場合では、企業にも責任が問われる② 委託業者が情報漏えいした場合は、委託事業者に責任があり、委託元の企業に責任はない③ 漏えいした情報が悪用され二次被害がでなければ企業は責任を問われない④ 情報漏えい場所が、社員の自宅であった場合は、管理範囲外であるため、企業に責任が問われることはない

【問5】 別室での打ち合わせで長時間席を外すため、PC画面にはパスワード付きのスクリーンセーバーを設定した

×

【問6】 開発情報が書き込まれたCD-Rが不要になった場合は、物理的に破壊して処分する

×

【問7】 担当者が変更するたびにアクセス権限の設定を変えるのは効率が悪いので、グループ共用のアカウントを作成して運用する

×

【問8】 セキュリティルールについて、プロジェクトに取り組む前に顧客またはプロジェクトリーダーから説明を受け、遵守する

×

【問9】 プロジェクト内で使用している貸与資料のうち、個人情報が含まれていない資料は、引き出しやキャビネットに施錠保管しなくて良い

×

【問10】顧客リストの印刷を行っているが、時間がかかりそうであるため印刷が終わるまで、自席に戻って別の作業をしている

×

【問11】顧客先常駐の業務において、外部メンバーとの打ち合わせに、作業現場からのPCの持ち出しが必要になった。当社のセキュリティ規則では、作業現場からの持ち出しが可能だが、顧客先ルールでは原則持ち出し不可となっている場合、どのように行動すべきか。次のうち誤っているものを1つ選択してください

① 当社規則が持ち出し可能なため、顧客先、当社プロジェクトリーダーに了承を得ず PCの持ち出しを行った② 顧客先の規則では原則持ち出し不可になっているため、当社プロジェクトリーダーを介して顧客担当者に許可を取り、持ち出しを行った③ 顧客先の規則では原則持ち出し不可になっており、当社プロジェクトリーダーが不在だったため、打合せメンバーに対してPCの持ち出しができない旨の断りを入れ、持ち出しを行わなかった

【問12】メールの取り扱いについて次のうち正しいものをすべて選択してください

① 会社で貸与されたメールアドレス宛に届いたメールを自宅で確認できるよう、私用メールアドレスに転送している② メールにファイルを添付する場合、パスワード設定をしている③ 顧客先のプロジェクトルールにおいてメールにBccでプロジェクトリーダーを入れる規則があるため、それを遵守している。

【問13】帰宅途中、入館証の紛失に気づいた。その時の対応について、誤っているものをすべて選択してください

① 職場に置き忘れた可能性が高いが、万が一の紛失に備えて速やかに当社プロジェクトリーダーに紛失疑いの報告を行った② 当社プロジェクトリーダーに電話をしたが繋がらなかったので、当社プロジェクトリーダーへの紛失報告メールを送信し、顧客先や当社情報セキュリティ委員には電話をしなかった③ 途中立ち寄った店に電話したところ、落とし物として届けられ保管されていることが確認できたので、翌朝受け取りに行くこととし、誰にも紛失報告は行わなかった。

【問14】入館証の管理について誤っているものを全て選択してください。

① 休暇に入る際は、休暇期間の前後に入館証の存在確認を行い、休暇中は必要のない入館証の持ち歩きを行わないようにしている② 入館証は顧客指定のネックストラップとカードケースを使っている。ストラップ部分とカードケースの接続部分が取れやすい作りになっており、落下する恐れがあると感じているものの、プロジェクトリーダーにも顧客にも相談していない③ 通勤や移動中は鞄に入れて持ち歩いている。電車に乗車する場合、居眠りに気を付ければ鞄を網棚に置いても入館証を無くす危険性はない

【問15】PCの携帯利用及び電子機器の持ち込み、利用について、誤っているものを全て選択してください。

① 顧客先では、私物のノートPC/電子記憶媒体の持ち込みが禁止されているが、タブレットPC(iPad等)は禁止の対象には入らないだろうと自己判断し顧客には特に相談せず、顧客施設に持ち込みを行った② 顧客先にて、業務用携帯電話の電池残量が少なくなった。充電用のバッテリーが手元になかったので顧客先PCのUSBポートから充電した③ 顧客先オフィスに入室する際、携帯電話の持ち込みが禁止されていたが、オフィス内では絶対に使用することはないと思ったので鞄に入れたまま入室した




※当社の個人情報取扱いについて同意いただく場合は、下のチェックボックスにチェックを入れてください。
個人情報取り扱いについて同意する